若手だってつらいよ

IPOセカンダリー投資特化型ブログ。

12月2週目IPO 価格推移に対する考察

どこまで下落するものなのか、精神的なよりどころとすべく先週上場分の表を作ってみました。

先週の最高値・最安値は省略します。

考察①初値に対しての週末時点の騰落率

初値に対して          
銘柄 初値 今週末終値 騰落率 今週最下落率 今週最高騰率
オーウエル 855 829 -3.0% -10.4% 8.3%
FUJIジャパン 907 794 -12.5% -19.3% 8.2%
アルテリア・ネットワークス 1190 1285 8.0% -3.4% 9.2%
ピアラ 5030 5150 2.4% -19.9% 22.1%
アルー 2010 1680 -16.4% -17.2% 11.2%

これからわかること

■初値がついてからの伸びが全然ない。→初値天井のように見える。

■初値に飛びつかない方がリターン<リスクである。

 

考察②公募価格に対しての週末時点の騰落率

公募価格に対して          
銘柄 公募価格 今週末終値 騰落率 今週最下落率 今週最高騰率
オーウエル 750 829 10.5% 2.1% 23.5%
FUJIジャパン 740 794 7.3% -1.1% 32.6%
アルテリア・ネットワークス 1400 1285 -8.2% -17.9% -7.1%
ピアラ 2550 5150 102.0% 58.0% 140.8%
アルー 1370 1680 22.6% 21.5% 63.1%

 

アルテリアはお察し銘柄だったので考察から除く。

これからわかること

■公募割れまではいかない、もしくは一瞬行く

■「高騰率30%未満」であれば買い、というのは安易。

 少なくとも12月2週には通用しない。

■「騰落率10%」or「公募価格から5%未満なら検討」まで水準を下げる。

 

来週分も三連休で作成します(現時点で結構な損失です…戒めの為にも書かなきゃ)